So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

イヤホン、ゼンハイザーCX5.00iを聴いた [音響機器]

毎日使っていたCX300のイヤホンジャック部が切れてきて音が途切れるようになったので更新した。モデルチェンジしたゼンハイザーのCX5.00iである。ドライバの筐体が少し大きくなったか。また、ドライバ部分から出てくるケーブルの根元部分にしっかりした筐体がつき、全体的にしっかりとして大きくなった(写真左がCX300、右がCX5.00i)。
CX500i.jpg

重量も重くなったと思われ、歩行中や、電車・飛行機での移動中に寝ながら聞いたりするには少しストレスになることも予想される。以前の筐体が小ぶりでとても軽かったので比較すると気になってしまうかもしれない。一方、ケーブルは全体に太くなり、通話用のマイクが右側に来た。以前は左側だったが、どちらが良いのか??ドライバの開口部も大きくなったので、従来のイヤーパッドとの互換性はない。

周波数特性と音圧感度の比較は下記のとおり。これまでここに書いてきたモデルについても列挙する。

周波数帯域:
★CX5.00i 16〜22,000Hz
 CX400II 17〜22,000Hz
 CX300 18Hz〜21kHz
 ATH-CKS70 5Hz〜24kHz
 MDR-EX310SL 5Hz〜25kHz
音圧感度
★CX5.00i 118dB
 CX400II 114dB
 CX300 112dB
 ATH-CKS70 106dB
 MDR-EX310SL 105dB

ゼンハイザージャパンHPによれば、5.00iは、ゼンハイザーのカナル型イヤフォンの定番CXシリーズの高品質ハイエンドモデルとのこと。音圧感度がCX400と比べて4dB、CX300と比べて6dB上がっているが、聞いた感じ音量感の上昇感はなくiPhoneの音量も同じレベルで聴ける。いつもの絢香「おかえり」を聞くと、定位(音像の分離)はよい。特に、低音(バスドラ、スネア)がしまり、スネアは少し引っ込む。相対的にボーカル出てくる。高域伸びて聞こえ「さしすせそ」が少しきつくなる印象。そして、シンバル、ハイハットのバランスが若干大きく感じるが、このあたりは今後のエージングで多少変わるものと思われる。ギターソロの後のブリッジではストリングのボウイングによる摩擦音のような立ち上がりがより聞こえ、その後のラストのブリッジ部分のSEがより(立って)出てきた。こういったバッキングの細かい変化がよく聞こえる。次にJaco Pastorius Big Bandによる「Elegant People」(from Word of Mouth Revisited)では、ベースの細かいフレーズがよく聞こえる。ホーンのアンサンブルも個々の楽器が聞き取れる。ドラムのタム回しは、バランス(音量)を維持しつつ太鼓の音が立ってよく聞こえる。Weather Reportの「Bird Land」については、イントロのシンセベース、パーカッション、ハイハット、リムショット、ベースそれぞれが分離よく、はっきり聞こえる。特にパーカッションのタンバリンはバランスが少し上がったように思え、前に出てきてクリアに聞こえる。サックス、ベースにかかったリバーブが直接音にマスクされずにしっかり聞こえる。やはり、ドラムは全体的にしまって聞こえる。
全体的に大人しくまとまっている印象である。渇いた音というか...以前のCX300、CX400もバランスのとれたよい音だったが、より締まった印象である。ボーカルものもよいが、インストものがバランスよりよく聴けると思う。先に書いたとおり、高域の印象はエージングで多少変わると思われ、今後聞いてみてのお楽しみである。
nice!(7) 

今日も70's [音楽一般]

今日も70'sの音楽。

IMG_4230.JPG

・FM The Original Soundtrack
Steely Danがタイトル曲「FM」を演奏する映画サウンドトラック。Boston、Doobie Brothersなども入っていて、この時代のエッセンスが味わえる。
・GETS/GILBERTO (Stan Gets, Joao Gilberto)
「イパネマの娘」が入ったジャズとボサノバの融合、グラミーも受賞した名盤。録音はA&R Studios(ニューヨーク)、エンジニアはPhil Ramone。1997年のVerveのリマスター盤。
・Innervisions (Stevie Wonder)
録音はRecord PlantとMedia Soundロサンゼルス)、エンジニアはDan BarbieroとAustin Godsey、またJohn Harris、Ira Tucker Jr.。
・Breezin' (George Benson)
上記Innervisionsを買ったアメリカのお店の担当がおまけにつけてくれたレコード(いい人でした(^_^))。録音はCapitol Record(ハリウッド)、エンジニアはAl Schmitt。

そして、「細野晴臣 録音術」(鈴木惣一朗 著)を読む。

IMG_4231.JPG

この後ははっぴいえんどを聴かなくては!

nice!(5) 

70年代のアナログ盤を聴く [音楽一般]

約1年ぶりのブログ更新となってしまった。2015年は出張が多くて、なかなかPCの前に落ち着いて座ることができなかった。

2015年の年末からこれまで、音楽関係の書籍を続けて読んだ。
一つは高橋健太郎著「Recording Studios」。昨年のはじめから、仕事でお世話になっている方と70年代音楽のアナログ盤を聞ける店にいくことが何度かあった。その内の一つのお店でElton Johnの「ライヴ!!(17-11-70)」を聴く機会があった。それまでElton Johnは、ラジオ、テレビでは聴いていたものの、個人ではレコード、CDは持つことが無く、あまりじっくりと聴く機会がなかった。初期のElton Johnはこんな感じだったのかと思い、また、当時の演奏、録音はこんなだったのかと思い、同タイトルのCDを入手。その後、アナログ盤とCD盤でマスタリング(制作過程での最終的な音響調整)が異なるという話を聞き、当時のアナログ盤を改めて聞いてみよう!というキャンペーンが個人的に始まった。

ちょうどその時目に入ったのが、「Recording Studios」という本だった。ちょうど70年代前半に制作されたアルバムについて、当時のスタジオ、録音機器、制作環境を紹介するものである。当時エレキギターはあり、シンセサイザーもMoog Iなどは存在したものの、ホーンセクションや弦楽器は実際の楽器の演奏が録音されることが多く、スタジオがおかかえのバンドやオーケストラを持っていた。一方、録音機器はNeveといった名だたるミキシング卓が登場してくる時期。録音チャンネル数が増加し、録音手法のある意味「改革」が進む中、様々なアナログ回路の工夫によって録音された音が評価される時期だった。改めて考えると、70年代前半は、「生演奏主体の録音であること」と、「録音機器や録音技術に様々な工夫がなされ、音質が向上していたこと」とが相まって、デジタル化前夜における素晴らしいクオリティ向上の時期であることがわかり、改めてその時代のアナログ盤を聞いてみよう!という気にさせられた。

そして、今、近くのレコード店、ネットでいろいろ探して、この時期のアルバムを聞いている。もう一冊は、ドン・ブライトハウプト著(奥田 祐士 訳)の「Aja作曲術と作詞法」である、ちょっと時期は下るが77年に出されたSteely Danのアルバム「Aja」について、制作された背景、録音、楽曲、詞についてさまざまな観点からの情報が簡潔にまとめられた秀逸な一冊である。また、松武秀樹氏本人の著である「松武秀樹とシンセサイザー」も78〜82年にかけ、YMO作品にプログラマーとして参加した経歴を持つ同氏の、数々の経験と、それをもとにした関係者との鼎談がまとめられている一冊。これに先駆け、昨年は「ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法」(冨田恵一著)を読んだ。

IMG_4223.JPG

そして、今聞いているのは、「Recording Studios」で紹介されていたアルバムを主体に、

・The Stylistics / The Stylistics :Sigma Sound Studioでの録音、エンジニアはJoe Tarsia。
・Sheet Music / 10cc:Strawberry Recording Studioでの録音、エンジニアはErick Stewart。
・Close to you / Carpenters:A&M Recording Studiosでの録音。エンジニアはRay GerhardtとDick Bogert。
・The Stranger / Billy Joel:A&R Recordingsでの録音、エンジニア(プロデュース)はPhil Ramone。
・The Best of Two Worlds feat. Joao Gilbert / Stan Gets:Columbia Recording Studiosでの録音、エンジニアはStan Tonkei、John Guerriere。

IMG_4224.JPG

そして、「Aja」ほか、Steely DanはVillage Recorderでの録音、プロデュースはGary Kats、エンジニアはRoger Nicols !!。

IMG_4225.JPG

昨年はこれに先駆けて、

・Joe Walsh / You Can't Argue with a sick mind
Dreams / Dreams

のほか、日本のもので、

・ピュア・エレクロティックソウル / クリエイション
・This is CREATION / クリエイション

を聴いた。日本の音楽といえば、昨年、松本隆氏の活動45周年である「風待レジェンド」のライブや、Alfaレコードの村井邦彦氏にゆかりのミュージシャンが集った「ALFA MUSIC LIVE」が立て続けに開催された。いずれも、放送で見たが、とても貴重な機会だった。こうして振り返ると、自分自身の音楽の原体験はまさにこの70〜80年にあることに気づかされる。今後も様々な機会で、この時期の音楽に触れられればと思う。

さて、先日までのニューヨークでの写真を紹介。

IMG_4185.JPG

43rd Streetの様子。晴れていたものの、寒波で気温は低く、日中もマイナス気温だった。日中でも-2〜3度ほど。夜は-6〜7度くらいまで下がる。今週末は雪の予報で、ニューヨークも5インチほどの積雪が予測されていた。

IMG_4198.JPG

散歩でDakota Houseに行ったが改修中だった。
nice!(4) 
共通テーマ:音楽

Jazz Bandで演奏しました [バンド活動]

会社のパーティで、Jazz Bandによる演奏をしました。これまで、一部のメンバーの方とご一緒させていただいたことはありましたが、木管、金管そろって十数人での演奏は初めてでした。
演目は、
 At Last
 The Breeze and I
 Because of You
 Wonderland by Night
 Body and Soul
 Love
 Sleepy Lagoon
 Let Dance
 Too Young
 I could have Dance all Night
 In the Mood
 Moonlight Serenade
 To Love Again
 Feeling Free
 You are My Sunshine
 Tennessee Walts
とメドレー数曲。個人的にはボサノバもあってよかったでした。
多くの方に聴いていただき、盛り上がりました。いい経験になりました。
今回は、本当に、いろいろな方にお世話になりながら、初めてのシチュエーションでの演奏を終えることができました。ありがとうございました。
またの機会、宜しくお願いします。
nice!(6) 

AirMac ExtremeとAirMac ExpressでWiFiを中継した [その他]

我が家のWiFiはこれまでAirMac Extremeだったが、これが部屋の北側端の洋室(にあるPCの横)にあって、反対側の南側のリビングでは電波が弱く、少々使いづらい状態だった。昨年7月、AirMac Expressを導入してWiFiを中継しようとするも、なかなか設定がうまくいかず、AirMac ExtremeとAirMac Expressを有線で接続して僅かな距離で中継する状態にとどまっていた。そして、今日、再びワイヤレス中継の設定にチャレンジしてみたところ、よく知られる手法で簡単に中継できてしまった!
つまり、(1) ひとまず2台目のAirMac Expressは1代目のAirMac Extremeと有線で接続、(2) AirMacユーティリティを起動、(3) AirMacユーティリティに2台のステーションが表示される(あらかじめ2台目の機器の初期設定を済ませている必要あり)、(4) 表示されている2台目のAirMac Expressをクリック、(5)ワイレスモードのプルダウンメニューから動作モードを「ワイヤレスネットワークの拡張」を選択、(6) ワイヤレスネットワーク名で1台目のAirMac Extremeで作成しているネットワーク名を選択、(7) ワイヤレスパスワードを入力、というもの。
以前はうまくいかなかったのに、この間、MacのOSをアップしたので、AirMacユーティリティのバージョンが上がり、設定が容易になったのか...。Mac OSのバージョンは10.10.1、AirMacユーティリティのバージョンは6.3.4である。
これらの設定後、ケーブルを抜いて、2台目のAirMac Expressを部屋の中央付近に設置。リビングでも十分な電波強度を得ることができた!
これが1代目のAirMac Extreme。
IMG_2086.JPG
これが2台目のAirMac Express。うまく中継してくれている。
IMG_2087.JPG
これが設定後のAirMacユーティリティの表示状況。2台が表示され、それぞれ緑ランプが点灯。1台目と2台目の間が点線で結ばれているのは、ワイヤレスで接続されていることを意味する。
IMG_2088.JPG

ところで、最近のAirMac ExtremeはIEEE802.11acに対応しており、最大通信速度が大きく、iPhone6との通信速度も大きいようだ。いずれ導入するべきか...。
nice!(3) 

年のはじめに読んだ2冊 [その他]

前回の記事更新の後、仕事が慌ただしくなり、また、2014年は長期の出張が続き、なかなかブログの更新をすることができず、2015年、新たな年となった。今年もよろしくお願いします。
2015年の元旦の朝、仕事帰りに撮った初日の出がこれ。
Photo_s2.jpg

年明け2日目の今日はしばらくの間ツンドクだった2冊を読んだ。
DSC_5109s.jpg

◯「ウイスキーと私」(竹鶴政孝)
ドラマ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝氏の自伝である。日経の私の履歴書に書いた文をベースに、ニッカウィスキーから刊行されたものの復刻版がNHK出版から刊行された。本の帯にもある「顧みるとウィスキーで苦しみ、ウィスキーで喜んだ人生であった」という巻末の一言につきる。その内容は、著者の技術者としてのひたむきな姿勢、前向きな考え方、継続することの強さを感じるところである。本文の後に続く、「ウィスキーの正しい飲み方」、「舌と鼻」という筆者によるコラムも興味深く、大変よい読後感だった。

◯「非営利組織の経営」(P.F.ドラッカー)
通常の企業が売り上げ等、分かりやすい基準で評価できることに対し、非営利組織はより長期の目標が大切で、個人の能力を最大限に生かして成果を生み出すことが肝要であるという内容は示唆に富み、参考になるところが多いと感じた。

いずれも一年の計を考えるのによい本である。今年もすばらしい年になるように、仕事に、音楽に進んでいきたいなと思う年のはじめである。
nice!(5) 
共通テーマ:

この9月に聞いている曲(あまちゃん、絢香、ベートーベン) [CD]

久しぶりのブログ更新。
先日、話題のあまちゃんのサントラの第二弾が出たので入手。併せて歌のアルバムも入手。
写真.JPG
おなじみのオープニングや、劇中に流れる希求などの印象的なモチーフが、ジャズ、サンバや、ロック、プログレ的な要素を持つ、大友良英氏のアレンジが楽しめる。

9月早々には以前から予約していた絢香のカバーアルバム「遊音倶楽部」が届く。
写真 のコピー 2.JPG
選曲の良さ、パフォーマンスの良さがうまくバランスしていて、オリジナルの良さとカバーとしての新たな良さが楽しめる。そして、ひとつひとつ印象的な歌唱によってその歌詞の良さも改めて感じることができた。

ずいぶん前のものだが、東京フィルによるベートーベン交響曲集を入手。
写真 のコピー.JPG
2002年から2004年にかけての演奏をライブ録音したものである。仕事で少し関わったこともあって、ひととおり聞いてみると、当時の状況が思い出される。特に7番は印象にのこっており、そのすばらしい演奏を改めて楽しむことができた。
nice!(6) 

会社のイベントでスタンダードジャズを演奏 [ライブ]

先週の20日、会社のイベントでジャズを演奏した。曲目は、Autumn Leaves、Fly Me To The Moon、In A Sentimental Mood、On A Slow Boat To China、Lullaby Of Bird Land、Just Friendsの6曲である。これまでにも演奏したことがある曲でもあり、また、ピアノ、ベースと私が演奏するドラムはこれまでも合わせたことがあったが、今回はフロントに新たなソプラノ&アルトサックス、トローンボーンを迎え計6人というゴージャスな構成で臨むこととなった。初めてのメンバー構成で、合わせる時間もあまりなく、緊張した。しかし、全体のアンサンブルを意識しつつ、最後のJust Friendsでは4バースのドラムソロの機会もあり、回りに合わせた4beatらしいソロにチャレンジし、楽しんで演奏することができた。
聞きに来てくださった方、ありがとうございました!!また、次回に向けて精進しますので、よろしくお願いします。
nice!(5) 

2013年、あけましておめでとうございます!! [その他]

2013年、あけましておめでとうございます!!
今年もよい一年になりますよう。
昨年末、12月はブログの更新ができなかった...
しかし、12月は、14日の昼休みにあった会社のクリスマスコンサートで演奏した。曲目は、Dreams come trueの雪のクリスマスと、Superflyのタマシイレボリューション。「雪のクリスマス」はバンドのパーカッション担当に鈴をお願いして、自分はしっとりとカホンとシェイカーで対応。後半のタマシイレボリューションではドラムを演奏した。一昨年に一度演奏したことがあったので、その時の記憶をたよりに、少しフィル等もバージョンアップさせて演奏できた。聞きに来て下さった方々、ありがとうございました。また、次回に向けて練習を積みます。よろしくお願いします。ちなみに、この1月にも会社のイベントジャズスタンダードを演奏の予定。
nice!(13) 

秋の夜長に.. [その他]

先日の出張の折に買ってきた2本を紹介。
1.Glenlivet Master Distiller's Reserve(グレンリベット マスターディスティラーズ リザーブ)
パリの空港で「New」とあったので手に取ったもの。グレンリベットのマスターディスティラーであるAlan Winchesterによるもので、通常のアメリカンオーク樽、シェリー樽に加え、ヨーロピアンオークの樽を用いたもの、とのこと。
DSC_1224s.jpg

2.Bols Genever Amsterdam(ボルス ジェネヴァー アムステルダム
オランダのジンである。地元の名産(?)ということで手に取った。蒸留所であるボルスは1575年創業で、世界最古の蒸留所とのことである。大麦を主原料とし、2回蒸留したジンとのことで、ビールの後に飲むハードリカーとしてよいと思われる。
DSC_1225s.jpg

いずれも秋の夜長に楽しめる2本である。
nice!(6) 
前の10件 | -
出会い
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。